【S12前半使用】超低速ノオードサイトリルPT

こんばんは。リカノリです。

10/18(日)に秋田大学携帯ゲームサークルさんが主催で行われたポケモンシングル6350の大会に運営兼参加者として参加してきました!(個人的にはわかりやすい名前を付けて欲しい)

またアイテムさん主催の勃発オンライン大会はるのん杯に参加しました!!


結果は

はるのん杯では優勝!!

秋大ポケモン大会ではパズドラブロック0-3の全敗予選落ちとなってしまいました...。


はるのん杯では運よく勝つことができましたが
秋大ポケモン大会では全くふるいませんでした。結構自信のある構築だっただけに残念です...。

レートの時期的にPTを紹介しないかなーって思いましたが、もうひとつのPTでレートに潜ってますし、なにより
秋大ポケモン大会を知ってほしいので記事にすることにしました!


よければ最後までご覧ください!

というわけで2大会で使用したPTはこちらになります!!

でん!!

2015秋大祭



ポケモン名持ち物技1技2技3技4
ユキノオー メガストーン吹雪エナジーボール氷の礫 地震
ドサイドン達人の帯地震ストーンエッジ冷凍パンチ馬鹿力
ファイアローラムの実ブレイブバード鬼火羽休め挑発
クレセリアゴツゴツメット冷凍ビーム月の光トリックルーム三日月の舞
スイクン弱点保険熱湯冷凍ビーム神速絶対零度
ヘラクロスメガストーンミサイル針ロックブラスト種マシンガンインファイト



<今回の構築のコンセプト>

Ⅰ、 かめさんのノオーカバアローの完成されたサイクルの綺麗さに感銘を受けていたので、その3匹のサイクルを軸に考え始めました。
本来のノオーカバアローはユキノオーは宿り木、カバルドンはゴツメと怠ける、ファイアローは鬼火と羽休めそして霰と砂といった定数ダメージ+自己回復技によって相手を削りサイクルを崩壊させるPTでした。
自分は受け気質なサイクルの場合に追加効果等で不利になる場面が多いと思っているので、ある程度攻撃的なサイクルに改造しようと考えました。カバルドンの枠をドサイドンにユキノオーの型を冷静HCベースにし、サイクルを回し続けて相手のサイクルを崩壊させるのではなく、2サイクル目ぐらいで受けきれないようなサイクル崩しをしていく行くイメージで軸を決定しました。


Ⅱ、 ノオードサイと並べたらトリル展開をしたくなりますのでトリルを使えるポケモンを入れることにしました。今回のPTではトリル使用できるポケモンの中で1番数字的にも信頼でき、ノオードサイに一貫する格闘ケアのクレセリアの採用をしました。ノオードサイアローのサイクル勝ちとトリル展開をPTの太い勝ち筋として考えました。


Ⅲ、 vanさんの実況動画を見ていた際に弱点保険零度スイクンというポケモンを知り、この構築にものすごくマッチしていて流行り過ぎないうちに真似しようと思い構築に組み込みました。



<個別解説>


112px-Sugimori_460m1.png

メガユキノオー@ユキノオナイト
特性 雪降らし→雪降らし
性格 冷静 
技構成 吹雪 エナジーボール 氷の礫 地震

実数値(努力値) 非メガH191(204) - A118(44) - B96(4) - C143(140) - D120(116) - S65(0)
メガ後H191 - A158 - B126 - C187 - D140 - S38



ポケモン界の可愛い系アイドルポケモン

ノオードサイアローのサイクルのピース+トリルエースでの採用しました。
努力値の振り方は、臆病メガゲンガー(C222)のヘドロ爆弾を最高乱数1個切って耐えまでHDに振りました。次にトリルエースとしてヒードランで止まるのが嫌だったので地震でH191のヒードランまでを確定で倒せるまでAに振りました。ここまでAに振ることによってブレードフォルムのギルガルドを確定で倒すことができます。最近のガルドはSに努力値を裂いているため大抵メガ前でも後攻で攻撃できます。余った努力値をCに140振ることによってメガ進化後の実数値がC187となり11nとなるのでCの140振りを確定とし残った努力値をBに振りました。
今回の構築では大車輪の活躍を見せるポケモンでした。サイクル戦においては有利対面を作ってから吹雪を打つだけで相手のサイクル崩壊が一気に加速します。
トリル展開で選出した場合だと初手ギルガルドやゲンガーと対面してしまった場合でも地震で強引に突っ張ることによって無理やり突破や削りをしクレセでトリル乱舞で再度暴れるといった動きができ非常に強いポケモンでした。
ユキノオーの技の中で一番強いのが吹雪のなので冷静個体にし吹雪をできるだけ打つように心がけました。また冷静個体でもユキノオーにおける最低限の攻撃力が確保できると考えています。ギガドレを採用しない理由は威力不足だからです。
メガ前の特性はヘラとの同時選出を考えると雪降らしで確定です。
文句なしのエースポケモンでした。

主な役割対象 ドラゴン 炎技のない電気 水タイプ 地面 草



464.png


ドサイドン@達人の帯
特性 ハードロック
性格 意地っ張り
技構成 地震 ストーンエッジ 冷凍パンチ 馬鹿力
実数値 221-192-151-×-83-61

調整はこちらのブログ様から拝借しました
http://pokemontyosei1.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

サイクルの一角+トリルエースとして採用したドサイドンです。
最初は鉢巻の採用をしていましたがトリルエースとして使っていくと考えた場合こだわりが障害になってしまう場合があったので妥協案の帯にしました。
ユキノオーとの並びが非常に優秀でサイクルを回しやすかったです。ただものすごい勢いで火傷をもらうポケモンでした。環境的に岩技がすごい刺さってるイメージでしたがロックブラストは威力40のゴミ技、エッジは威力0のゴミ技なので岩タイプの強い技を早く作ってください。
PT全体でジバコイルが辛いのでチョッキでの採用はありかなって思います。ただ自分はチョッキドサイを強いと感じないので(ポケモンは長所を伸ばす持ち物を持たせたい)オボンとか試してみると強いかもしれません。

主な役割対象 ファイアロー等の物理 ヒートロトム メガライボルトサンダー 炎タイプ


663.png

ファイアロー@ラムの実
特性 疾風の翼
性格 慎重
技構成 ブレイブバード 羽休め 鬼火 挑発
実数値 183 - 102 - 101 - * - 124 - 147

調整はこちらのブログ様から拝借しました
http://kameccc.blog.fc2.com/blog-entry-88.html

ノオーカバアローのHDアローをそのまま流用しました。
このポケモンめちゃくちゃ強かったです。鬼火による物理潰しや挑発+ラムである程度特殊なPTに対しても強いのが優秀でした。
ノオードサイの弱いところを補ってくれるだけでなくブレイブバードはトリル下でも先制で打てるのため、トリル選出にもある程度は噛み合うので大車輪の活躍でした。このPTの大切なポケモンその1です。

主な役割対象 格闘 低速物理 半減で受けきれる特殊 ゲンガー 壁・バトン構築


488.png

クレセリア@ゴツゴツメット
特性 浮遊
性格 図太い
技構成 トリックルーム 三日月の舞 月の光 冷凍ビーム
実数値 227 - 67 - 189 - 95 - 150 - 106


普通のHBぶっぱしたクレセリアです。
トリックルームが使えるポケモンの中でも耐久が高く三日月の舞を使用することができるため今回のトリル始動要員としました。
またこのポケモンはトリルを使えるポケモンの中でも自然にゴツメを持つことができるのが非常に優秀でした。
ゴツメで多少削ると裏のトリルエースの全抜きのサポートにもなります。最近のガルーラはクレセリアでは見れないので後出しはしますがあくまでトリルを展開することを考えるようにしています。
トリルと三日月まで確定なんですが残り2枠があまり使わないのでいろいろ変更していきたいと思います。現在は毒羽マンダの身代わり破壊用の冷B、サイクルで有利な月の光を採用しています。

主な役割対象 対物理 トリル展開の駒

245.png

スイクン@弱点保険
性格 呑気
特性 プレッシャー
技構成 熱湯 冷凍ビーム 絶対零度 神速
実数値 207 - 95 - 148 - 142 -135 - 94


vanさんの動画で使われていた零度スイクンがこのPTに合っていると感じたため採用しました。
このPTの大きな勝ち筋として相手の選出でスイクンを突破してくるボルトロス、ヒートロトムに対して強引に突っ張り弱点保険を使い突破その後クレセリアのトリル乱舞でもう一度暴れるというプランがあります。
零度スイクンはメタ対象としていろんなポケモンが起点にしてくるので扱いが難しかったです。当たり前ですが零度が当たれば勝てるのでEASYWINという意味ではとても強いポケモンでした。

主な役割対象 マンダマンムースイクン 身代わりしない小さくなるポケモン 炎タイプ


69px-Sugimori_214m1.png

メガヘラクロス@ヘラクロスナイト
特性 根性→スキルリンク
性格 意地っ張り
技構成 ミサイル針 ロックブラスト インファイト 地震
実数値 175 - 192 - 97 - * - 116 - 118 (非メガ)


トリルエースとしてそしてガルーラに対する枠として採用しました。
この構築の中でのトリル展開の障害になりやすいクチートに対してトリルを張らずに上から殴りたいため地震を採用しました。
ヘラクレセは強引な強さのある並びに感じました。最近流行の身代わりガルーラもクレセが多少削ってくれればミサイル針で削りきれるのでとても助かりました。
ヘラドサイ+αの並びが強いときが多かったのでここを煮詰めれば強い構築ができそうな気がしていました。ただヘラドサイとユキノオーを同時に選出したかった場面が多かったです。

主な役割対象 飛行・炎・フェアリータイプのポケモン以外と殴り合い ガルーラ クレセリア


<総評>
自分が作ってきたPTの中では自信があるPTでした。重たいポケモンはジバコイル、ヘラクロスでした。特にジバコイル入りのPTに対しては勝率が全くよくありませんでした。
PT内で扱いが難しかったのはスイクンとドサイドンです。スイクンはボルト対面突っ張りたいですがで悪巧みを持っている場合は非常にまずいので弱点保険の上手な運用は今後の自分の課題だと思います。ドサイドンは鬼火を食らいやすく、ボルトの草結びに弱く、またリザードン対面でのYならソラビXなら退かれるなど安定した使い方が難しかったです。メイン技が岩なので少ないトリルターンでの外しは致命的な場面が多かったです。

基本的な選出パターンは

ユキノオードサイドンファイアロー
この三匹でサイクルを回しやすそうな場合はこの3匹で行きます。PT的に鉢巻ガブやステロ撒きポケモンが出てきやすいので初手はユキノオーから入ることが多かったです。

クレセ+トリルエース×2
最初にトリルエース2体でサイクルを回して途中でクレセを挟みトリルして全抜きしていくパターン。トリルを展開する前に1体以上相手のポケモンを倒しておくととても楽でした。

ヘラドサイ+何か
ヘラを処理したい飛行タイプや炎タイプにドサイを出していき2体の高火力で押し切るパターン。特殊に弱すぎるのが難点でした。

アローヘラ+何か
壁やバトンは基本的にこいつらで何とかしようとしてました。受けルも基本これでいきました。


トリル軸のPTや低速PTが好きで得意な自分としては結構自信があるPTでしたがレートではあまり安定しませんでした。
いつかこのPTは煮詰めたいと思っています。


構築に対する質問やアドバイスとうがあればツイッター @rikanori_poke までお願いします。

最後まで見てくださりありがとうございました!

リカノリ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント